脂肪吸引で失敗、他院で修正してもらいました。

術後の激痛を耐えたのちに気付いた“たるみ”

その場で手術日を決め、カウンセリングから1週間後に脂肪吸引の施術を受けました。
ちなみに私が受ける箇所はお腹周りで、その部位は部分麻酔をしてもらいました。
麻酔をすれば痛みはないという口コミを読んだ事がありますが、この麻酔の注射が予想以上に痛かったです。
おかげでしっかりと麻酔も効いたようで、脂肪を吸引してもらっている作業はわかりましたが、痛みは全く感じませんでした。
ただ麻酔が切れた後はかなり痛みが強かったです。
一応痛み止めなどを処方してもらいましたが、一時的に痛みは治まっても、すぐにジンジンとした痛みが戻ってきます。
手術した日から3日ほど激しい痛みが続き、「こんなに痛くて苦しいのなら、脂肪吸引なんてしなければ良かった」と思ったほどです。
それでも2週間もすれば痛みも随分引いていき、施術をした箇所の腫れも無くなっていきました。
術後の腫れが解消された事で、お腹周りも前に比べると随分スッキリしたなぁという印象を受けたのですが、ただ立ち姿を鏡で見てみると、明らかにお腹がたるんでいるのです。
「これは大丈夫なのかな?」と心配になり、施術を受けたクリニックへ相談にいったのですが、先生は「こんなたるみはすぐに無くなるよ」と笑いながら仰るだけでした。
でもどれだけ待ってもこのたるみは一向に治りません。

大丈夫だよ、というドクターの一言に背中を押され…術後の激痛を耐えたのちに気付いた“たるみ”最初から実績のあるクリニック・先生を探しておけばよかった